PV フエンテ・アラモ (4期)

パワー: 
34 MW
現状: 
完成
範囲: 
ターンキープロジェクト
技術: 
固定式

このプロジェクトは34MW、4期工事の太陽光発電プラントで、独特の技術を採用しています。(1軸追跡型、夏期と冬期で固定式構造とアダプタブル構造)

  1. 経済的実行可能性: この規模のプロジェクトでは投資いただけるパートナーの確保を要するため、投資家の皆様に納得いただけるような企画が必要でした。
  2. 技術的挑戦: このプロジェクトは世界的にも主要なプラントの一つでありながら、非常に短期間で完工しました。最初の3期(26MW)の建設完成までは、6ヶ月でした。

建設プロセスは、2008年から2010年にかけて4期にわたっています。

  • フエンテ・アラモI、II、III:2008年の最初の6ヶ月で3期分が完成しました。その時点で26 MWの発電が可能になっています。
  • フエンテ・アラモIV:7 MWのプラントが2010年に完成しました。
  1. 環境負荷低減:年間CO2排出量42,012トン削減
  2. 年間56,015 MWhのエネルギー創出
  3. 雇用創出

Multimedia