ネバダ陸軍州兵

パワー: 
2.5 MW
現状: 
完成
範囲: 
ターンキープロジェクト
技術: 
屋上式

本プロジェクトは3期にわたる2.5MWの太陽光発電プラントで、アメリカ陸軍兵舎に建設されました。

  1. プラント建設にあたっては、軍との協力が欠かせませんでした。
  2. 軍の日常業務を妨げることなくプラント建設を進めることが難しく、それを可能にするための技術的課題がありました。

 

このプラントの建設は3つの期間に分けて進められました。

  1. ネバダ陸軍州兵I:カーソンシティーにおいて1.25 MWの建設(2010年1月~4月)
  2. ネバダ陸軍州兵II:フロイドエドソルの訓練施設で0.6MWの建設(2010年1月~5月)
  3. ネバダ陸軍州兵III:ラスベガス準備センターで0.6 MWの建設(2010年1月~5月)
  1. 年間CO2排出量の3,105トン削減
  2. 年間累計4,140 MWhの電気の創出
  3. プラント建設によるネバダ州での雇用の創出

Multimedia