決算概要

2011年までに、エクセリオは400MWを超える太陽光発電プラント建設の開発に携わってきました。2010年の収益は2.4億でEBITDAの18.2%を占めています。計画中のプロジェクトは、アメリカ、イタリア、スペイン、フランス、インド、南アフリカに合計750MWあります。

当社はプロジェクト実現性の面から、安全、気候、成長性の要件を満たす国々で、事業を引き続き拡大していくことを目指しています。

 

エクセリオの投資 2011年~2013年

2013年には5億ユーロの売り上げを想定しています。

  • 2008年: 企業の信用度が非常に高いスペインで事業活動を開始し、併せてイタリアにも進出し国際化に着手しました。
  • 2009年: スペインでの事業は低調でしたが、イタリアでの新規プロジェクトや、アメリカでの市場調査などを進めた過渡期の年でした。
  • 2010年: 新規の国際プロジェクトへの投資額を引き上げました。具体的な活動内容には、アメリカでの重要な事業計画の推進、イタリアのプロジェクトの強化、そしてフランス、インド、南アフリカ、ペルーといった新市場での事業活動の開始が挙げられます。
  • 2011年: 新規プロジェクトの開発や市場開拓を進める一方で、前年までに実施してきた投資や経営活動の成果に期待しています。

 

エクセリオのプロジェクト 2010年~2013年

2015年に累計で700MWとなるプロジェクトの開発を進めています。